高血圧の人でも飲酒は問題ない?

糖尿病を発症した場合にはお酒を控えるべきだと言われていますが、高血圧に関しても飲酒の頻度や一度にお酒を飲む量を減らすべきだとされています。
しかし正確に言えばお酒を飲むことよりも、お酒と一緒に摂取するおつまみから得られる塩分を控えることが重要とされているので、適度な量のお酒そのものが高血圧の原因になりえる可能性は実のところ低くなっています。
アルコールは少し飲むとややリラックスできたり、血管が拡張されて血圧が下がる効果が見込めるという研究データもあるため信憑性は高いものと捉えておいてください。
しかしあくまでも適量の飲酒なら高血圧であっても問題無いというだけで、身の丈に合わない過度な飲酒は高血圧の要因になりえます。
更に中性脂肪を増加させ、動脈硬化まで一緒に発症させてしまう恐れもあるので、最悪の場合高血圧と他の病気が同時に発生してしまうような場合も十分ありえると言われています。
つまり高血圧になりたくないのであれ深酒は控えて、身体に負担がかからない程度のお酒に止めておくことが大切です。
既に高血圧を発症していらっしゃる方でも、アルコールに対する身体の耐性は個人差があるものの適量であれば血圧の更なる上昇を招く危険性は少ないので、定期的に摂取しても構わないものと認識しておいてください。
では具体的に一日辺りで平均的にどの程度の量なら飲酒したとしても適量の範囲に収まるのか、身体や健康への影響が少なく済むのかというと、日本人の平均値としては一日辺り純アルコールで20gと定められています。
ビールで言ったら中瓶で1本程度、日本酒で言ったら1合程度なら基準内に収まりますので適量の範囲となっています。
ビールやワインなどを一口飲むだけで顔が真っ赤になってしまうような、極端にお酒が弱い方の場合は純アルコールで20g程度だとしても、血圧に影響が出てしまう恐れがありますので飲酒量の調整を各自の判断に行うことも重要になっています。

なるべく多くの酒を飲みたいなら度数の低いものを

高血圧を患っている方はこのお酒を飲むべきだといったような、推奨されているアルコールは存在していません。
糖尿病の場合は日本酒やビールを避けて焼酎や酎ハイを飲むべきだと言われていますが、高血圧に関してはお酒の種類は全く気にしなくていいものとイメージしておいてください。
しかしあまりにもアルコール度数の高いお酒は避けたほうがいいと言われているのも事実です。
度数の高いお酒の場合、比較的度数が低いお酒を同じペースで飲み続けることで、知らず知らずの内に適量をオーバーしてしまう可能性があるからです。
なるべく多くの酒を飲みたいなら3度か4度といった度数の低い酎ハイや水やお茶などで割った焼酎がおすすめで、スコッチやウイスキーも薄めに作るのであれば多めにお酒を飲めるようになっています。
どの銘柄であってもあまり度数が変わらない日本酒やワインは、量より質を楽しみたい場合に飲むことが推奨されているものと捉えておいてください。
お酒そのものから摂取する塩分より、食べ物から体内に侵入する塩分のほうが危険だといった観点から、度数の低いお酒を飲む場合であっても醤油や塩が多用されているおつまみは避けるようにしてください。
日本酒や焼酎なら刺身醤油や魚料理の岩盤焼きが高塩分なので、糖質の高い炭水化物系のおつまみに変更するなどの対処が必要になってきます。
焼酎やウイスキーなど水などで割るお酒なら、ある程度自分でアルコール度数の調整ができますが、最初からはっきりと度数が分かっている缶ビールや缶酎ハイ、日本酒などを買ってくれば度数の調整を行う必要が無いため適量の算段が付けやすくなっています。
最も大切なのは飲みすぎないことだということを念頭におき、普段よりアルコール度数の低い銘柄を選ぶように心掛けてみてください。