高血圧の薬にあるカルシウム拮抗薬のノルバスク

ノルバスク高血圧治療において第一選択薬として扱われる、それがノルバスクです。
ノルバスクは高血圧治療薬の中でも特にカルシウム拮抗薬という種類に含まれます。
カルシウムというと有名なのは骨を構成するもの。
もちろん間違いではありません。
カルシウムの多くは骨や歯を構成するために体内に蓄えられます。
しかしながら、それ以外にも出血を止めたり神経の働きを調節したりといった役割も持っているのです。
それにまた、心臓や血管の収縮にも関わっています。
筋肉が刺激を受けることでカルシウムが細胞内に移動し、筋肉が収縮するのです。
ある程度は必要なものの血管が収縮しすぎると血圧を上げてしまうことに。
ノルバスクなどカルシウム拮抗薬はカルシウムの血圧を上げる働きを阻害し、高血圧を防ぐという仕組みになっています。
カルシウムが細胞内に移動することを抑制することで筋肉が早くゆるむようにしてくれるのです。
心臓に栄養を送る冠状血管・末梢血管などが拡張し血圧が下がることで、心臓の仕事量や心筋の酸素の消費量は減少します。
「カルシウム・チャネル・ブロッカー」なる呼び方もあります。
ノルバスクを始め、カルシウム拮抗薬は脳や心臓や腎臓などへの血液の循環を改善する効果もあるため、脳卒中・心臓病・腎臓病などの疾患の予防効果も期待されています。
予後改善効果・すなわち長生きの効果も長期的臨床試験により認められています。
高血圧のみならずさまざまな分野で期待されており、応用されている薬なのです。
とはいえ、国内での臨床試験においては持続性心房細動患者に与えていたところ、心室頻拍から死亡に至ったというケースも。
肝機能障害・スティーブンス・ジョンソン症候群などの重篤な副作用に陥ることもあり、発疹やかゆみ・しびれ・めまい・筋肉痛などの副作用の例もあるため服用方法には注意が必要です。
突然使用をストップすることにより症状が悪化することもあります。
一緒に服用しては成らない薬というのもさまざまありますが、一般の方の場合にはグレープフルーツに注意です。
グレープフルーツジュースと同時に服用すると血圧が過度に低下することも。
服用方法を守って利用しましょう。

ノルバスクの入手方法

ノルバスクの入手方法には主に2通りがあり、病院での処方と個人輸入(通販)が挙げられます。
病院での処方では何科にいくのか迷う方もいると思いますが、高血圧は内科に受診するといいでしょう。
ノルバスクは内科でも処方してくれるので、医師にノルバスクの効果や副作用など詳しく聞くことができます。
一方、個人輸入では海外の通販サイトを使ってノルバスクを入手します。
病院での処方とは違うのはまず外箱が異なり、海外製なので英語で記載されています。
通販サイトは国内の処方とは違い医師に相談ができないことから自己責任になるので、英語が分からない人は薬の説明書部分を翻訳するかインターネットを使ってよく調べましょう。
また通販では、個人輸入代行業者も存在して余計な手間がかからず、病院の処方では診察料や処方せん料などがかかりますが、通販では一切かからないので安価に入手できます。

通販サイト名:ノルバスク5mg@通販

ノルバスクの成分、アムロジピンについて

「ノルバスク」の名は英語の「血管を正常化する」を意味する言葉「NormalizeVascular」から来ています。
その一般名が「アムロジピン」同じものです。
ただ、商品名としてはアムロジピンの先発品がノルバスク。
そのため、ノルバスクが1日数回服用しなければならなかったのに対してアムロジピンであれば1日1回投与するだけで持続性があり、その日の間ずっと効果が続くようになりました。
同じくカルシウム拮抗薬です。
血圧を下げる仕組みや、グレープフルーツジュースがだめで、といった服用方法の注意点や副作用などはどちらも同じです。
ちなみに「アムロジン」というのもありますが、これはノルバスクと同じもの。
名前の由来は一般名の「アムロジピン」から来ているのはすぐに分かるでしょう。
他社から販売されていることから名前が違っているだけです。
一時的に血圧・すなわち血管にかかる強い圧があるくらいなら問題ないのですが、血圧が高い状態がずっと続いていると血管の壁が圧力に抵抗しようと分厚くなり、その結果、血管内が狭くなってしまいます。
そうなると更に圧がかかりやすくなり、血管が痛みという悪循環を繰り返し、そのまま血管が疲労して硬く脆くなると動脈硬化が引き起こされてしまいます。
動脈硬化が進行すると血栓ができやすくなり命に関わるような重篤な病気が起こることに。
それに、動脈硬化は腎臓にも悪影響を及ぼし老廃物を濾過する機能もていかすることに。
そうなると腎臓は血圧が低いと勘違いして血圧を上げる物質・レニンを作り出してしまうのです。
そうして更に高血圧が進行するという悪循環です。
そうなる前にカルシウム拮抗薬を用いて血圧改善を行いましょう。